洋画マニアがオススメする映画3選! - カメラと漫画とアニメと映画と

洋画マニアがオススメする映画3選!

スポンサーリンク
映画

こんにちは!
今日はオススメの映画の紹介です。
私、アニメ、漫画以外にも洋画もめっちゃ観ます!
そんな私がオススメするとりあえず観といて損しない面白映画3選です。

マイ・インターン

マイ・インターン
まずマイ・インターン。
アンハサウェイとロバートデニーロの二人からなる名作です。
この二人なら間違いないと断定したうえで観たら、やはり間違いありませんでした。
若いうちに企業しアパレル業界で成功しているジュールズ(アンハサウェイ)の会社で、シニアインターン制度にて採用去れて来たベン(ロバートデニーロ)。
ジュールズがベンの育成役になるも、最初のうちは全く頼りにせず、言ってしまえば嫌っています。ですが徐々にベンの人柄に周り含めジュールズも惹かれていきます。
ジュールズはベンを専属の運転者に任命し、悩みなども吐露していきます。
そんな中ジュールズは家庭、仕事、両方一気に問題が起きてしまいます。
そんな時にベンからの温かい言葉で勇気づけられたジュールズは問題に立ち向かっていきます。
この映画、ベンがかっこよすぎます、渋すぎます。感動します。心が温まります。
ベンの言葉に胸が打たれます。

最強のふたり

最強のふたり
2011年のフランス映画です。頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いたドラマ。
パリに住む富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体を動かすことができない。フィリップと秘書のマガリー(オドレイ・フルーロ)は、住み込みの新しい介護人を雇うため、候補者の面接をパリの邸宅でおこない、そこにドリス(オマール・シー)が面接を受けに来る。しかしドリスは職に就く気はなく、給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため面接を受け、不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだった。気難しいところのあるフィリップは、他の候補者を気に入らず、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周囲の反対を押し切って雇うことにする。
とりあえず試用期間として1ヶ月間フィリップの介護人として働くことになったドリスは、彼の豪邸で自分専用のトイレ・バス付きの部屋を充てがわれ、昨日までの生活の変わりようを喜ぶ。ドリスの仕事ぶりは少々雑ではあったが、フィリップは自身を病人としてではなく、一人の人間として扱ってくれる彼と次第に親しくなっていく。働き始めて1ヶ月後ドリスはフィリップの信頼を得て本採用が決まり、ある晩2人で外食した際に彼の体の障害や亡くなった妻の話を聞く。
フィリップが顔も知らない女性との文通の話をするとまどろっこしくなったドリスが無理やり約束をして二人を会わせようとする。。
この映画もかなりオススメです。日本で公開されたフランス語映画では興行収入1位です。
最後の最後まで笑わせてくれる上に感動します。

Mr.&Mrs.Smith

Mr.&Mrs.Smith
ブラッドピッドとアンジェリーナジョリー。はい、間違いないですね。
ジョン(ブラッドピッド)は建築設計事務所を経営し、ジェニー(アンジェリーナジョリー)はコンピュータのサーバーの管理会社を経営しているという。二人はすぐに恋におち、約6週間後には結婚した。。。。が、しかしこの二人実は殺しを請け負うプロの殺し屋。
お互いに招待は隠して夫婦生活を送っており、ある日お互いのターゲットが被ってしまい、ジェニーの方がジョンの存在に気付いてしまい、、そこから疑いが始まり徐々にギクシャクしていく。。
そんな二人の組織から、ジョンはジェニーを、ジェニーはジョンの暗殺の仕事がきてしまう。。

この映画は僕が好きな映画ベスト3には入るかと。
スリルがたまりません。激しくオススメです。
以上3選はみてなければとりあえず観てください。損はしません。

それではまた次回ー!



コメント

タイトルとURLをコピーしました