カメラ初心者のSigmadp2MerrillとSigmaSDquattroHの比較! - カメラと漫画とアニメと映画と

カメラ初心者のSigmadp2MerrillとSigmaSDquattroHの比較!

スポンサーリンク
カメラ

こんにちは!
今回は前回に引き続き、僕の持ってるカメラの紹介です!
僕が持ってるカメラの中で一番のお気に入りsigmaです。
sigmaのカメラは、過去にdp2Merrillというコンデジを持っていて、現在はそれを売り、代わりにSDquattroHという一眼を所持しています。
なので、それぞれの紹介と共に、2つの比較も僕なりにしていきたいと思います。

dp2merrill

まずdp2Merrillですが、こちらは一眼ではなくコンデジなので、レンズ交換はできません。
aps-cで30㎜、F値は2.8~16です。要は単焦点レンズですね。
小柄なコンデジながら4600万画素という驚異の画素数を誇り、sigma独自のセンサーFoveonにより、とてつもない描写力を誇ります。
僕もカメラ始めたばっかりの時は上記の説明を見てもなんのこっちゃと思っていたので、もしかしたらこのブログを読んでいる方の中にも同じような方がいると思います。なので、本当にすごく簡単に言うと、めちゃめちゃ画質が良い。ということです(笑)
このカメラ、ほかにも紹介してる方が多くいるのですが、その9割の人がいうのが、描写力以外がゴミだということ(笑)
ですが、それを補ってあまりある描写力の変態的なファンが数多くいるのもまた事実です。かくいう僕もそのうちの一人です。
操作性も悪く、フォーカスも遅く、暗闇に弱く、液晶は荒い。描写力以外最悪です(笑)
何度も言いますが、描写力は神がかっています。撮影し、パソコンで見たときに、撮ってだしの美しさに感動します。キレッキレのパッキパキです(笑)とにかく写真を見てみましょう。



どうですか?物凄くないですか?デジカメですよ?(笑)僕は惚れ惚れしてしまいました。一瞬で虜になってしまいました。sigmaのファンになってしまいました。

sigmaSDquattroH

それでは、次にsigmaSDquattroHという機種の紹介です。
こちらは、ミラーレス一眼カメラです。
aps-hという特殊な画角です。
一眼カメラには一般的に2種類の画角があり、aps-cとフルサイズです。aps-hというのはその間になります。小難しい説明は省き、すごく簡単に説明すると、aps-cとフルサイズ、どちらも全く同じレンズを使った時に、フルサイズの方が広角に写真が撮れます。詳しくは、Google先生に聞いてください(笑)
とりあえず私は、SDquattroH(以下SDH)の魅力について説明していきたいと思います。
こちら、最初に説明したDP2と同じくFoveonというセンサーを搭載している上に、一眼なので、レンズを購入すれば、好きなようにレンズ交換ができるわけです。
どうですか?もうすでにわくわくしませんか?(笑)この時点でわくわくしている方は、私同様変態です。(笑)
そのわくわくを抑えきれずに、私はDP2を売り払い、SDHを購入しました。
結果からいうと大満足です。
レンズによって景色もポートレートも物撮りも自由自在です。楽しいです。楽しくて仕方ありません。
ですが、sigmaの機種は、画力以外はやはりポンコツです(笑)
私が持っているsonya6400と比べたら、液晶もフォーカススピードも操作性も話になりませんし、ボディ自体もかなり大きく重たいです。
ですがやはりそれにも勝る画力があります。
sigmaからは、sigumafpというフルサイズの一眼も出ています。
が、こちらはセンサーがFoveonではないので、私はあえて古いモデルのSDHを購入しました。
まぁとりあえずSDHで撮った写真を見ていただきましょう。


どうですか?パッキパキでしょう?楽しくて仕方ないんです。

【あす楽】 【中古】 《美品》 SIGMA sd Quattro H [ デジタルカメラ ]

さらに、今回SDHをオススメするもう一つの理由が、オールドレンズです。
勿論、現行のsigmaやSonyのレンズでもめちゃめちゃ楽しめるんですが、マウントアダプターを購入することによって、オールでレンズがつけれるんですよ。
オールドレンズで写真を撮ると何が楽しいかって、ふんわりした、エモい写真が撮れるんですよ。例えるなら写ルンですで撮った写真。
sigma用のマウントアダプターは数千円で買えますし、オールドレンズの数千円で買えます。
文字で説明するよりも写真を見てもらった方が早いですね。


エモいでしょ?(笑)
こんなのが簡単に撮れちゃいます。
【中古】Pentax M42 Super Takumar 55mm F1.8
src=”https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/2136b2ea.2df2a83c.2136b2eb.c917aae8/?me_id=1385718&item_id=10023772&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fgoodlifestore%2Fcabinet%2F20200530-2%2Fb00i16vrbg.jpg%3F_ex%3D240x240&s=240×240&t=pict” border=”0″ style=”margin:2px” alt=”” title=””>

KIPON キポン マウントアダプター M42-SA【ボディ側:シグマSA/レンズ側:M42】[KIPONM42SA]
すごい駆け足な説明とオススメになっちゃいましたけど、とにかくオススメなんです。
ですが、何度も言うようにどちらも操作しにくいですし、パソコンに取り込むまではどんな写真が撮れているのかもわかりにくく、初心者にはオススメはしにくいです。ですが、逆に言うと、最初から上記のどっちかの機種を使ってしまえば、そのあとに買ったカメラの操作性に感動するでしょう。かくいう私も、最初の一台目はDP2でした。
2台目にSONYA6400を使った時に、使いやすさに感動しました(笑)

どうでしたか?わかりにくい説明とかもあったかもしれません。。
でもとりあえずオススメだということは伝わったかと思います。

また機会があればカメラや写真について紹介する記事を書きたいとおもいます!






コメント

タイトルとURLをコピーしました